HOME » コラム » 何故、同じヘッドスピードなのに女子プロは飛ぶのか?

何故、同じヘッドスピードなのに女子プロは飛ぶのか?

原江里菜プロをモデルにプロギア サイエンス・フィットの公認インストラクターである宮川まもるが解説します。

女子プロゴルファーのヘッドスピードの平均値をご存知ですか?
実は一般的な男子アマチュアゴルファーの平均値と同じ、40m/sなんです。
ところがプロギア サイエンス・フィットのデータで比較すると女子プロの方が30ヤードくらい飛んでいるのです。

ヘッドスピードが同じでも女子プロが飛ぶ理由とは?
原江里菜プロをモデルにプロギア サイエンス・フィットの公認インストラクターである宮川まもるが解説します。

フェースが開かないインパクト!

ヘッドスピードは同じでも、インパクト直後のボール初速の数値は異なります。

ヘッドスピード約40m/sの女子プロと男子アマチュアのボール初速を見ると、女子プロが59.73m/sに対して男子アマチュアは56.40m/s。同じヘッドスピードでも飛距離が大きく異なる理由はボール初速の違いにあるのです。なお、ボール初速が「1」違うと約7ヤード飛距離が変わると言われております。

ボール初速が決まる要素の1つは、インパクト時のフェースの向きです。多くのアマチュアゴルファーは当たる瞬間にフェースが開いてしまい効率的に運動エネルギーがボールに伝わっていません。

インパクトでフェースが開いてしまう理由は、ハーフバックにあります。ハーフバックの際、女子プロの多くは下の写真のように体の前傾フェースの向きが平行になっていますが、アマチュアはこの時点でフェースが開いてしまっている方が多いのです。トップでもフェースは開き、結局インパクトでも開いたままです。ハーフバックでフェースが開かないようにし、インパクト時のフェースの向きを真っ直ぐにすることで飛距離アップが実現できるのです。

「原江里菜プロのハーフバックとトップ」と「飛ばないアマチュアのハーフバックとトップ」

飛距離アップドリル ①正しいフェースの向きを習得しよう!

グリップエンドをへそにつけての素振り

ハーフバックでフェースが開かないようにするには、グリップエンドをへそにつけての素振りが有効です。手首を使うことができないので、女子プロのように前傾角度とフェースの向きが平行になる理想的なハーフバックの動きが実感できます。そのままトップまで振り上げていただき、トップ時の理想的なフェースの向きも確認してください。

次ページ >> 理由その2:バックスイング時の深い捻転

プロギア サイエンス・フィットとは

「サイエンス・フィット」は、PRGRが開発したまったく新しいスイング解析・ティーチングメソッドです。PRGR契約のツアープロも現在、スイングチェックに活用する「サイエンス・フィット」は、最新科学機器と数多くのデータをもとに、PRGRのティーチングプロが、ゴルファー1人1人のスイングを解析します。
あらゆるレベルのゴルファーが、自分のスイングを目の当たりにし、修正ポイント、最適なクラブを科学的に発見していく。「サイエンス・フィット」で、あなたのスイング、ゴルフは、劇的に変わります。

スコアアップの近道!いまなら、無料体験レッスン実施中
PRGRスクールサイトはこちら

プロギア サイエンス・フィット公認インストラクター宮川まもる

日本プロゴルフ協会会員ティーチングプロ。矢野東や原江里菜といったトッププロからアベレージゴルファーまで、過去3000人以上のスイングを分析。サイエンス・フィットが弾き出すデータから即座に原因を見抜き、悩めるゴルファーに的確な診断と即効のレッスンを行う。

ヨコハマタイヤPRGRレディス
随時リポート。大会情報満載!!