PRGR公式ショップ
LINE@友だち限定
PRGR製品プレゼント!

友だち追加

HOME » コラム » 何故、同じヘッドスピードなのに女子プロは飛ぶのか?(理由その3)

何故、同じヘッドスピードなのに女子プロは飛ぶのか?

~プロギア サイエンス・フィットで原江里菜プロを徹底解剖。テレビ中継で是非チェックを!~

y字アドレスとシャットフェースグリップ

女子プロの多くは、大型ヘッドのやさしさや長尺ドライバーのシャフト長さなど、クラブのメリットを最大限生かした打ち方をしています。クラブが長いとヘッドスピードは出るのですが、フェースが開きやすくなります。
また、大型ヘッドもミスの許容範囲は大きいというメリットがあるのですが、こちらもフェースが開きやすいという特性があります。フェースが開くと飛ばない理由は、「女子プロが飛ぶ理由1」で解説したとおり飛距離アップに必要なボール初速が得られません。
フェースが開かないようにするには、アドレス時にポイントがあります。多くの女子プロは左腕とシャフトが一直線のy字アドレスです。フェースが開かないようにするには左手をかぶせたストロンググリップにする方もいますが、フェースの向きやアドレス時の手の位置などの影響で実際には開いた構えになってしまう方も少なくありません。
一方でy字アドレスなら自然とフェースは開きにくくなります。このアドレスに「女子プロが飛ぶ理由2」で解説した体の捻転が加われば、もっと効率的にボール初速も得られ、飛距離が稼げる低スピンのドローボールが打てるようになるのです。

y字アドレスからクラブヘッドを上げるとフェースは適度なシャットフェースに。これならフェースは開かない

飛距離アップドリル ③ボール初速アップのシャットフェースグリップをマスター

ボール初速アップのシャットフェースグリップをマスター

大型ヘッドの長尺ドライバーでどうしてもフェースが開いてしまうという方にオススメの握り方があります。右手で女子プロが飛ぶ理由1で説明した正しいハーフバックの位置にクラブをセットしてから左腕をだらんと下げた自然の位置で左手を握り、右手をスライドさせてグリップが完成。そして、y字アドレスにすることでシャットフェースグリップが完成するのです。

>> 距離アップ術!ドライバーのスイング改善ドリル

プロギア サイエンス・フィットとは

「サイエンス・フィット」は、PRGRが開発したまったく新しいスイング解析・ティーチングメソッドです。PRGR契約のツアープロも現在、スイングチェックに活用する「サイエンス・フィット」は、最新科学機器と数多くのデータをもとに、PRGRのティーチングプロが、ゴルファー1人1人のスイングを解析します。
あらゆるレベルのゴルファーが、自分のスイングを目の当たりにし、修正ポイント、最適なクラブを科学的に発見していく。「サイエンス・フィット」で、あなたのスイング、ゴルフは、劇的に変わります。

スコアアップの近道!いまなら、無料体験レッスン実施中
PRGRスクールサイトはこちら

プロギア サイエンス・フィット公認インストラクター宮川まもる

日本プロゴルフ協会会員ティーチングプロ。矢野東や原江里菜といったトッププロからアベレージゴルファーまで、過去3000人以上のスイングを分析。サイエンス・フィットが弾き出すデータから即座に原因を見抜き、悩めるゴルファーに的確な診断と即効のレッスンを行う。

コラム