PRGR公式ショップ
LINE@友だち限定
PRGR製品プレゼント!

友だち追加

HOME » コラム » 女子プロから学ぶ飛距離アップ術!ドライバーのスイング改善ドリル

女子プロから学ぶ飛距離アップ術!ドライバーのスイング改善ドリル

~30ヤード飛距離アップも夢ではありません~

正しい軸回転でインサイドからボールをとらえよう!

飛ぶポイント

原江里菜プロのトップ。体の軸回転にあわせて肩がしっかり回転し、体につられて顔(バイザー)の向きが斜め後ろを指している。

飛ばないポイント

飛ばないアマチュアゴルファーのトップ。頭を動かさない意識が強すぎると顔の向きが固定され、体の回転が浅く重心が左に乗ってしまっている。

トップでバイザーのツバはボールの後方を指す

正しい軸回転を覚えるにあたって、バイザーを使ったドリルを紹介します。トップでのバイザーの向きは、ティーの後方1メートルに置いたボール方向を指すイメージで回転しましょう。
バイザーのツバが後方を向くと、重心が右にしっかり移動していることに加えて、体もしっかり回ったトップをつくることができます。
逆にバイザーがボール方向を向いてしまっていると、トップで重心が左に残ってしまっていて体の回転も浅くなります。このトップからはパワーは生まれないので、大きな飛距離は期待できません。

トップの際、バイザーのツバがボールの後方を指しているのが正解。バイザーのツバが後方を指すと自然に体も回転して飛ばしのパワーが生まれる

体がかたい人は右のお尻を意識すると軸回転ができる!?

理屈では分かっていても、体がかたくてイメージどおりの軸回転ができないというかたもいらっしゃいますが、そんな方はバックスイングでお尻の右側を後ろに下げるイメージを持つと正しい軸回転ができます。
自宅でも簡単にできる椅子を使ったドリルを紹介します。アドレスの状態から、お尻との間隔を約5センチ空けて椅子を置いてください。バックスイングでは、お尻の右側を後ろに下げて、椅子に当てていくイメージで回転させてください。体がかたい方でも軸回転ができるはずです。

お尻の右側を後ろに下げることで、○写真のように自然な体の軸回転ができている。左側に重心が残ってしまったりして、正しい軸回転ができていないとお尻は椅子にぶつかることはない

ボールの後方に置いたヘッドカバーを視界に入れてダウンスイング!

ヘッドカバーをボール後方の1メートルくらいのところに置いてください。トップからのダウンスイングでヘッドカバーを視界に入れたまま、スイングしてください。
ヘッドカバーが視界に入っていると体が突っ込まなくなり、ヘッドがインサイドから入るようになります。実際にボールを打ちながら試すことができるドリルなので、練習場で試してみるのもオススメです。

ボール後方に置いたヘッドカバーを視界に入れながらダウンスイングをすることで、×写真のようなインパクトでの体の突っ込みを防ぐ事ができ、インサイドから球をとらえられる

次のページ >> その3:ダウンスイングでの下半身リードをマスターしよう!

プロギア サイエンス・フィットとは

「サイエンス・フィット」は、PRGRが開発したまったく新しいスイング解析・ティーチングメソッドです。PRGR契約のツアープロも現在、スイングチェックに活用する「サイエンス・フィット」は、最新科学機器と数多くのデータをもとに、PRGRのティーチングプロが、ゴルファー1人1人のスイングを解析します。
あらゆるレベルのゴルファーが、自分のスイングを目の当たりにし、修正ポイント、最適なクラブを科学的に発見していく。「サイエンス・フィット」で、あなたのスイング、ゴルフは、劇的に変わります。

スコアアップの近道!いまなら、無料体験レッスン実施中
PRGRスクールサイトはこちら

コラム