PRGR公式ショップ
LINE@友だち限定
PRGR製品プレゼント!

友だち追加

HOME » コラム » 女子プロから学ぶ飛距離アップ術!ドライバーのスイング改善ドリル

女子プロから学ぶ飛距離アップ術!ドライバーのスイング改善ドリル

~30ヤード飛距離アップも夢ではありません~

ダウンスイングでの下半身リードをマスターしよう!

飛ぶポイント

原江里菜プロのインパクト。インパクトでお尻の左側がはっきりと見えており、ダウンスイングでの下半身リードができている

飛ばないアマチュアゴルファーのインパクト。腰が止まった手打ちになっており、これではパワーがボールに伝わらない

インパクトでは左のお尻をアドレスの位置に戻す

原江里菜プロのような理想的なインパクトをマスターするためのドリルを紹介します。椅子を用意します。椅子にお尻をつけた状態でアドレスをし、そのままスイングを行います。ダウンスイングで下半身リードができていて腰の回転ができていると、インパクトでお尻の左側が椅子についたままになります。 なお、下半身リードを行おうとして飛球方向に腰を動かして回転が出来ていない人が多くみられます。そのように腰の回転ができていないと、お尻は椅子から離れてしまいます。

インパクトで左のお尻がアドレスの位置に戻れば、腰が回転した下半身リードができている証拠。腰を動かすだけで、回転ができていないとお尻は椅子から離れてしまう

右腰を左手でつかみ、右手1本で素振りをしよう!

どうしてもダウンスイングでの腰の回転がマスターできないというかた向けのドリルを紹介します。
右腰を左手でつかんだまま、右手1本でクラブを振ってください。ダウンスイングで左肩がアドレスの位置に戻ってくるときには、左手でつかんだ右腰は回らざるを得ないので、左手で引っ張られる形でインパクト時の右腰は自然と回転します。
まずは素振りでイメージをつかんでから、低めにティーアップしたボールをアイアンで打ってみてください

右腰を左手でつかんだままスイングすると自然に腰が回る。×写真のように腰が止まっていると正確にボールをとらえることができないため、このドリルを行えば理想的な下半身リードが自然に身につく

クラブを股に挟んで、下半身リードをマスター!

女子プロのように腰の回転をさせながらスクエアにインパクトを向かえるのが理想の形です。
この理想のインパクトを実感できるドリルを紹介します。
ドライバーを股で挟んでください。フェース面を目標方向に向けるには、お尻の左側を後ろに引いて腰を回転する必要があることがお分かりいただけると思います。この形がまさに理想のインパクト。腰が止まったままでは、フェースも開いた状態になります。

クラブを股に挟んで、腰の回転でフェースがインパクトで目標方向を指す感覚をマスター。×写真のように腰が止まるとフェースは開いたままだ

プロギア サイエンス・フィットとは

「サイエンス・フィット」は、PRGRが開発したまったく新しいスイング解析・ティーチングメソッドです。PRGR契約のツアープロも現在、スイングチェックに活用する「サイエンス・フィット」は、最新科学機器と数多くのデータをもとに、PRGRのティーチングプロが、ゴルファー1人1人のスイングを解析します。
あらゆるレベルのゴルファーが、自分のスイングを目の当たりにし、修正ポイント、最適なクラブを科学的に発見していく。「サイエンス・フィット」で、あなたのスイング、ゴルフは、劇的に変わります。

スコアアップの近道!いまなら、無料体験レッスン実施中
PRGRスクールサイトはこちら

プロギア サイエンス・フィット公認インストラクター宮川まもる

日本プロゴルフ協会会員ティーチングプロ。矢野東や原江里菜といったトッププロからアベレージゴルファーまで、過去3000人以上のスイングを分析。サイエンス・フィットが弾き出すデータから即座に原因を見抜き、悩めるゴルファーに的確な診断と即効のレッスンを行う。

>> なぜ、同じヘッドスピードなのに女子プロは飛ぶのか?

コラム