PRGR公式ショップ
LINE@友だち限定
PRGR製品プレゼント!

友だち追加

HOME » コラム » 辻梨恵プロのスイングを動画でチェック!

〜ドライバーからパターまで女子プロのスイングを練習日に撮影〜 辻梨恵プロのスイングを動画でチェック!

女子プロのように打つ!!安定したショットと正確なアプローチ、パッティングを身につけよう!」。
実際の女子プロの美しいスイングも見てみたいという読者のために、 TEAM PRGR 4姉妹の一人、辻梨恵プロの練習ラウンドに同行し、スイングを撮影しました!
多くのトッププロを指導するツアーコーチとして有名な内藤雄士氏によると、辻プロのスイングはアマチュアの方々の参考になるヒントが盛りだくさんで、特にドライバーからパターまで共通しているゆったりとしたリズムは是非真似して欲しいとのこと。この動画を見て皆様のスイング改善に役立ててください。

ドライバー編

【内藤雄士氏の解説】
帽子のひさしに注目してください。アドレス、トップ、インパクト、そしてフォローまで左を向かずにキープされています。つまり、ボールの位置が頭よりも少しだけ左にあるビハインドボールの状態がキープできているので、ゆるやかなアッパーブローでボールを捕らえることができ、その結果キャリーが出て飛ぶ球が打てます。頭の位置が動かないので、インパクト時に多くのアマチュアのように肩が開くこともなく、頭とクラブヘッドの引っ張り合いが生まれるのでヘッドスピードが上がるのです。

フェアウェイウッド編

【内藤雄士氏の解説】
辻プロの特徴であり良いところは、クラブの種類や番手が変わってもスイングの動きや打ち方を変えずに、アドレス時のボールの位置を変えることでクラブの種類、番手にあった最適な入射角で打っていることですね。フェアウェイウッドの場合、構える際にドライバーよりもボール位置を右寄りにすることで、アッパーではなくほぼレベルにボールをとらえています。

アイアン編

【内藤雄士氏の解説】
この動画はショートアイアンだと思いますが、構えた際にボールの位置が完全に顔の真下くらいのところにきています。このアドレスだからダウンブローでインパクトを迎えられているのです。もう一つ真似て欲しいポイントがあります。アイアンだけでなくドライバーやフェアウェイウッドでも同じですが、両膝がインパクトまで正面を向き続けていることです。多くのアマチュアのように足がバタつかないことも正確なショットのポイントになっています。

アプローチ編

【内藤雄士氏の解説】
コックを使わず低い位置から低い位置に振っていくというオーソドックスな打ち方です。構えではボールの位置を真ん中よりもやや右目に置いて、ハンドファーストの形を作ってその形を変えずに打つので、ボールがしっかりとフェースにのります。手首の操作がゼロでただ振り子のように打っているところは、是非アマチュアの皆さんにも真似していただきたいですね。

パター編

【内藤雄士氏の解説】
アドレス時の肩のラインと両腕でできた3角形がキープしたままストロークをしています。アドレス、バックスイング、フォロースルーでこの3角形が常にキープされています。それから、アプローチだけでなく、パターからドライバーまで全部共通していますが、帽子のひさしの部分がインパクトまで下を向いたままなんですね。この点は、アマチュアの人はできていない部分ですので是非真似ていただければと思います。

関連記事「女子プロのように打つ!!」

ヨコハマタイヤPRGRレディス
随時リポート。大会情報満載!!