PRGR公式ショップ
LINE@友だち限定
PRGR製品プレゼント!

友だち追加

HOME » コラム » 「PRGR GINZA EX」の最新機器で検証!女子プロの正確なショットを真似よう!

女子プロとアマチュアを比較!≪フック修正≫

クラブが寝ないでインパクトを迎える女子プロと
ダウンスイングで手元が浮き、
シャフトが寝てしまうアマチュア

女子プロは再現性が高いドローボールが打てます。では、なぜアマチュアのようにチーピン(極端なフック)などが出ることなく、正確なドローボールを打てるのでしょうか?
ダウンスイングをみると、手元の位置は低くクラブが寝ないでインパクトを迎えています。これがコントロールできたドローボールを打てる理由です。一方でフックで悩んでいるアマチュアの方の多くは、手元が高くクラブが寝てしまっています。ヘッドが落ちてフェースが開いた状態になるので、プッシュアウト(右へ打ち出してしまうこと)が出たり、それを無理に修正しようとしてフックになってしまうのです。

女子プロのダウンスイング

手元の位置は低くクラブが寝ないでインパクトを迎える。
この形がコントロールされたドローボールを打つ秘訣。

フックが多いアマチュアのダウンスイング

手元が高くクラブが寝てしまう。フェースが開いた状態になるので、
プッシュを嫌がってフックになることが多い。

アマチュアがダウンスイングでシャフトが寝てしまう原因

原因はバックスイングにあり!
腕の回旋ができていないからトップでシャフトがクロスし
ダウンスイングでクラブが寝てしまう

女子プロのようなダウンスイングをするためには、バックスイングが重要になります。アマチュアはフェースを開かないようにする意識が強すぎる影響か、バックスイングで正しく腕の回旋ができていない方が多いです。その結果、トップではシャフトがクロス(目標の右を向く)してしまい、ダウンスイングでシャフトが寝てしまいます。
女子プロはバックスイングで腕の回旋ができているので、トップではシャフトは目標方向を向きます。その結果、コントロールされたドローボールが打てるダウンスイングができるのです。

女子プロ(藤本 麻子プロ)のハーフバックからトップ

腕の回旋ができているので、トップではシャフトは目標方向を向いている。

アマチュアのハーフバックからトップ

バックスイングで正しく腕の回旋ができていないので、
トップではシャフトがクロス(目標の右を向く)してしまう。

修正ドリル

左手は下、右手は上に動かす意識で
バックスイングを行うと自然な腕の回旋ができ
理想的なトップ、ダウンスイングに繋がる

バックスイングで右手と左手を同じように動かそうとすると、腕はスムーズに回旋しなくなります。左手はどちらかというと下に、右手は少し引き上げる感じで左右の手が違う動きをすることによって、正しく腕が回旋するようになります。
ハンガーを使ったドリルを紹介します。左手は少し下げ、右手は引き上げるイメージでバックスイングを行うとハーフバックの時にハンガーが勝手に正面を向きます。そのまま上げていくと、シャフトがクロスすることなく理想的なトップができ、ダウンスイングでもシャフトが寝ることはありません。一方で、右手と左手を同じように動かそうとするとハンガーはハーフバックで正面を向くことなく、トップでもクロスしてしまいます。
是非、このハンガードリルで、女子プロのような正しい腕の回旋を身につけてください。

腕が回旋した理想的なバックスイング

左手は下に、右手は上に動かすことで、正しく腕が回旋るようにあなる。
ハンガーは正面を向きます。

腕が回旋しないミスの多いバックスイング

同じ方向に動かしてしまうので、腕が正しく回旋せずハンガーは下を向きます。

女子プロのように正確なショットを打つ方法を動画で解説!

女子プロのようにコントロールされたドローボールは、手元が低くクラブが寝ないダウンスイングから生み出されています。この理想的なダウンスイングには、実はバックスイングの腕の動きが重要になります。
アマチュアの多くはバックスイングで腕の回旋ができていないため、トップでシャフトがクロスし(目標の右を向き)、その反動でダウンスイングでシャフトが寝てしまうので、フックや右へプッシュアウトがでます。一方で女子プロは正しい腕の回旋ができているので、トップでシャフトがクロスすることなく、理想的なダウンスイングを生み出しています。
女子プロのようなスイングのためには、ハンガーによるドリルが効果的。この左腕と右手の使い方や、フック・チーピンに悩んでいる方は、是非試してみてください。

次ページ 
飛距離を伸ばすタメの作り方

プロギア サイエンス・フィットとは

「サイエンス・フィット」は、PRGRが開発したまったく新しいスイング解析・ティーチングメソッドです。PRGR契約のツアープロも現在、スイングチェックに活用する「サイエンス・フィット」は、最新科学機器と数多くのデータをもとに、PRGRのティーチングプロが、ゴルファー1人1人のスイングを解析します。
あらゆるレベルのゴルファーが、自分のスイングを目の当たりにし、修正ポイント、最適なクラブを科学的に発見していく。「サイエンス・フィット」で、あなたのスイング、ゴルフは、劇的に変わります。

PRGRスクールサイトはこちら

コラム