PRGR公式ショップ
LINE@友だち限定
PRGR製品プレゼント!

友だち追加

HOME » コラム » 「PRGR GINZA EX」の最新機器で検証!女子プロの正確なショットを真似よう!

女子プロとアマチュアを比較!≪アプローチ編≫

アプローチも腕の回旋を使おう!

最近ドライバーは良いけど、アプローチが苦手という人が増えています。
クラブヘッドの大型化と長尺化に伴いフックグリップが主流となり、アプローチの際にフェースを返さない打ち方をしているのも、その要因のひとつとなります。
一方、女子プロはアプローチショットにおいてもしっかりと腕の回旋を使っています。

女子プロはアプローチでも腕を回旋させている

女子プロ

腕が回旋しながらアドレスの位置に
ヘッドが戻ってインパクトしている

アマチュア

腕の回旋がないためヘッドが戻りきらず
ダフリなどのミスが多い

アマチュアがダフリのミスが多い原因

ダウンスイングでの腕の回旋ができていないから
ヘッドが落ちてしまいダフリのミスが続出する

アプローチでは右手首の角度を変えないで打てというレッスンがありますが、手首と腕をガチガチに固めてしまうのはNG。フックグリップで腕を固めてしまうと、ダフリのミスが増えます。
右手首の角度は変えないのですが、ゆるやかに左腕を回旋するようにしてください。左でイメージがでない方は右腕でも回旋させるイメージでも良いです。
アプローチでも、データをとると女子プロはダウンスイングで腕の回旋ができているので、ダフリなどのミスが少ないです。小さなアプローチでもゆるやかに腕全体で回旋を行っています

女子プロは腕の回旋ができているから、アマチュアのようにダフることない。

修正ドリル

トップの位置から左腕を回旋するイメージか
右手を回旋するイメージで腕をゆるやかにまわしていこう

フックグリップでダフらないようにするには、トップから左ヒジを回していくような感覚で腕全体をゆるやかに回旋してください。小さなアプローチでも同じです。
左でイメージできない方は右でもOK。右手を少し回旋させていく感じです。まずは正しい腕の回旋を覚えることで、ダフリ、トップというのが少なくなります。最初、球が少し左に出ることがあるかもしれませんが、正しい廻旋をして左に飛ぶようになったら、グリップはかえなくてもよいので、フェイスをちょっと開き気味にしてしっかり腕を回旋してください。こういう形でやっていくと、アプローチのミスは少なくなります。

正しい腕の動き

右手を少し回旋させていくイメージで打つと正しい腕の回旋ができる。

間違った腕の動き

右手を回旋させないと左手首が甲側に折れ、ダフリなどのミスにつながる。

女子プロのように正確なショットを打つ方法を動画で解説!

ドライバーは得意だけど、アプローチが苦手というアマチュアが多いです。
その秘訣はトップからの腕の回旋にあります。小さなアプローチでも腕を回旋しているのでダフることなく正確に寄せられるのです。
女子プロのようなアプローチショットを行うには、左腕で回旋をイメージするか、右腕で回旋をイメージしてください。しっかりとした腕の回旋を行なえばアプローチのミスがなくなりますので、是非お試しください。

過去コラム

プロギア サイエンス・フィットとは

「サイエンス・フィット」は、PRGRが開発したまったく新しいスイング解析・ティーチングメソッドです。PRGR契約のツアープロも現在、スイングチェックに活用する「サイエンス・フィット」は、最新科学機器と数多くのデータをもとに、PRGRのティーチングプロが、ゴルファー1人1人のスイングを解析します。
あらゆるレベルのゴルファーが、自分のスイングを目の当たりにし、修正ポイント、最適なクラブを科学的に発見していく。「サイエンス・フィット」で、あなたのスイング、ゴルフは、劇的に変わります。

PRGRスクールサイトはこちら

コラム