PRGR公式ショップ
LINE@友だち限定
PRGR製品プレゼント!

友だち追加

HOME » コラム » 女子プロに少しでも近づくために!5ステップメソッドで上達しよう!!

プロのようなスイングを行うにはどうしたら良いのか?PRGRではおよそ3万人にも及ぶアマチュアゴルファーのスイング分析をもとに、スイングレベルに応じたベストな解決策を明らかにしました。初心者、100切り、90切り、上級者の各ステップごとの上達方法に加えて、5ステップ目として数値の見方を解説しています。

Lesson4

レベル2:100切りレッスン Part1
アウトサイドインの軌道を改善するために

オープンフェースを直そう

100を切れない方々のスイングの壁というのは、アウトサイドインのスイング軌道になります。本人は無意識なんですけれど、アウトサイドインになってしまっている状態です。ちなみにゴルファーの6割くらいがアウトサイドインと言われています。
どうしたらインサイドから打てるようになるかというのが、100切りの非常に大きなテーマになります。

アウトサイドインの要因は大きく分けると2つあります。1つはトップの位置までバックスイングをしている間にフェースが想定以上に開いてしまい、インから降ろすと右に行ってしまうので、捕まえようとしてアウトから振ってしまう症状です。
もう1つは体の回転軸がリバースといって飛球線方向に倒れてしまうからで、この症状も非常に多い要因となっています。

まずはバックスイングでフェースが開いてしまうオープンフェースの直し方を解説します。そもそもアドレスからフェースがオープンの人が非常に多いです。アドレスで右肩が前に出ている場合が多いですが、右肩が前に出てフェースがスクエアですと、肩を戻すとオープンフェースになっています。こういう形で錯角して構えているゴルファーが非常に多いのです。
ややドロー系の弾道の方は、ややフェースがかぶったシャットの状態で構えて、左腕とクラブを一直線にすることによってフェースを目標方向に向けています。この正しいアドレスをどのように作っていくかが非常に大事になってきますので、まずはアドレス時のオープンフェースを直すようにしてください。

次はテークバックです。
テークバックでは手首のローリングを使い過ぎてトップの位置でフェースが開いてしまう(フェースの向きが正面を向いてしまう)方が多いです。ローリングしてしまう人というのは左肩との連動がなく手だけの動きでテークバックをしてしまっています。このオープンフェースを修正するドリルを紹介します。

クラブのグリップエンドを左肩につけていただいて、左肩でこのクラブを押していくような感覚でテークバックを行ってください。このドリルを行うと手首のローリングを抑えたテークバックが身につきます。イメージとしては左肩でクラブを押していくような形です。左肩でまずハーフバックまで押してあげてそこからいっきに体を回していくと、オープンフェースがだんだん直っていきますので、左肩の押し込みを意識して実践してください。

Lesson5

レベル2:100切りレッスン Part2
アウトサイドインの軌道を改善するために

正しい軸回転をマスターしよう

Lesson4でのオープンフェースに続き、今回もアウトサイドインのスイング軌道になる要因と改善方法を解説します。
軸回転に問題がある人が非常に多く、体の回転軸がリバースといって飛球線方向に倒れてしまう方が多いです。よく頭を動かさないようにと言われますが、トップまで頭を固定して動かなくしてしまうことで左に肩が落ちたような状態になりますが、この現象をリバースといいます。
このような形になってしまうと、そのままではダウンスイングができませんので飛球線の後方側に体を倒してダウンスイングをすることで結果的にアウトサイドインのスイング軌道になってしまうのです。

修正方法は、まず頭を固定するというイメージをやめることです。軸の背骨があまり動かなければいいので、顔は少し右側を向けてあげてください。特にハーフバックやテークバックの段階で、目はボールを見ながらも顔は右を向けてください。被っているバイザーのつばをちょっと右側に向けてあげると非常に楽に肩が入ったバックスイングがしやすくなります。肩が入ることによって右側にスペースができてきますので、ダウンスイングもインサイドから降ろしやすくなります。

帽子のつばを右に向けるイメージをしたり、やや顔の向きを右側に向けるつもりでバックスイングを行いしっかりと上半身を捻転するようなイメージを持っていただくと、リバースが直ってきますので是非試してみてください。

Lesson6

レベル3:90切りレッスン Part1
正しいハンドアクションをマスターするために

下半身の使い方が重要

80台で安定しない人たちのスイングの壁はインパクトの瞬間にあります。フリップといって左手首が甲側に折れてしまう方が多く、なかなか芝の上で上手く打てません。特にフェアウェイウッドが上手く打てないと悩んでいるゴルファーが多いです。
理想的なインパクトの形はややハンドファーストで左手首が少し山になっている形ができている状態です。この形でインパクトができるようになると、安定して90切りができるようになります。

ポイントは2つ、1つ目はアーリーリリース。フリップをする方はダウンスイングの初期の段階でアーリーリリースといってコックをほどいてしまう方が多いです。ダウンスイングを手から行ってしまうとアーリーリリースになってしまいます。このアーリーリリースを解消するホースを使った修正ドリルを紹介します。
なるべく下半身を使ってホースからしっかり音が鳴るように振ってください。タイミング的にも手ではなくて下半身から動かしていきます。順番として下から自然に動かしていき、最後に一気に加速させてください。この感覚を養っていくとイメージができてきます。

家で手軽にやるんでしたら、タオルもオススメです。タオルの先端を巻いて左腕だけで振ってください。腕だけで振ると加速しませんので左の腰を使いながら行ってください。
感覚的にはトップに行く前に腰を使っていくような形で行えるとタメができてきてインパクト付近の形も変わってきます。まずはこの下半身を使ったダウンスイング、手から行かないダウンスイングを覚えてください。

Lesson7

レベル3:90切りレッスン Part2
正しいハンドアクションをマスターするために

インパクト付近での手の使い方習得ドリル

Lesson6に続き、フリップを直すためのポイントをご紹介します。2つ目のポイントはインパクト付近での手のイメージの仕方です。
フリップになってしまう場合は、クラブフェースが上を向いてしまいロフトが寝てしまうのであまり距離が出ません。左手首が少し張った山になった状態で当たるとややロフトが立ってきます。この形ができるとしっかりダウンブローで打てていて球も飛びます。この形を作るためのドリルを2つ紹介します。

1つ目ではグリップをややクローズにしてください。さらにフェースをクローズにして打ってください。この状態でフリップをしてしまうと、極端に左に飛んでいってしまいます。左手を山にして右に打ち出すような練習をすれば、フリップは直ってきます。

もう一つは右手です。右手は手の平が上を向くとフリップになりますので、右手は手の平が下に向いている状態をキープしたいです。ヘッドカバーなどを右わき腹に挟んで打つドリルを紹介します。
下半身を使って打たないとすぐにヘッドカバーが落ちてしまいます。難しいのでまずは小さなスイングで下半身を使いながら行ってください。

この2つのドリルを繰り返しながら、左手が山、右手が谷の形を少しずつ作っていってください。最終的には下半身からリードしてこの形でインパクトするとハンドファーストに当たってロフトが立って当たりますので非常にアイアンが飛ぶようになりますし、芝の上でも打てるようになりますので是非試してみてください。

次ページ 
Lesson8 ダウンスイングでクラブが寝ないようにするためにインパクト時の左ヒップを意識

プロギア サイエンス・フィットとは

「サイエンス・フィット」は、PRGRが開発したまったく新しいスイング解析・ティーチングメソッドです。PRGR契約のツアープロも現在、スイングチェックに活用する「サイエンス・フィット」は、最新科学機器と数多くのデータをもとに、PRGRのティーチングプロが、ゴルファー1人1人のスイングを解析します。
あらゆるレベルのゴルファーが、自分のスイングを目の当たりにし、修正ポイント、最適なクラブを科学的に発見していく。「サイエンス・フィット」で、あなたのスイング、ゴルフは、劇的に変わります。

PRGRスクールサイトはこちら

コラム