PRGR公式ショップ
LINE@友だち限定
PRGR製品プレゼント!

友だち追加

HOME » 2019年原江里菜プロのドライバースイング動画(正面)&連続写真(後方)

恒例企画!ツアープロコーチ・内藤雄士氏が、アマチュアが真似るべきポイントを解説!! 2019年原江里菜プロの
ドライバースイング動画(正面)&連続写真(後方)

内藤雄士が解説!アマチュアが真似すべきポイント!!

行きをアウトサイド、帰りをインサイドにすれば、力強いドローボールが打てる!

アマチュアが憧れるドローボールを打ちたいなら、原プロのスイングが参考になります。ポイントは行き(バックスイング)がアウトサイドで、帰り(ダウンスイング)がインサイドであるところです。
写真の6、7、8を見ると、バックスイングでヘッドが丁度右肩口くらいに上がっていてややアウトサイドです。このバックスイングだから右脇がしまった切り返しからのダウンスイング(写真22、23、24)ができて、力強いドローボールが打てるのです。アマチュアに多いのですがインサイドにバックスイングをすると、トップからの切り返しで右脇が開いてしまいアウトサイドからのダウンスイングになってしまい距離も出なくなります。

拡大する

次ページ 藤本 麻子プロ

スイング解説/内藤雄士

日本大学ゴルフ部在籍中にアメリカにゴルフ留学し、最新ゴルフ理論を学ぶ。帰国後、ゴルフ練習場ハイランドセンター(杉並区・高井戸)にラーニングゴルフクラブ(LGC)を設立し、レッスン活動を始める。
1998年、ツアープロコーチとしての活動を始め、日本に「ツアープロコーチ」と いう概念を持ち込んだパイオニア的存在。2001年には、マスターズ、全米オープン、全米プロのメジャー大会の舞台を日本人初のツアープロコーチという立場で経験する。現在は、ツアープロコーチとしての活動やジュニアゴルファーの育成に力を入れる傍ら、アマチュア向けのレッスン番組への出演、またUSPGAツアーの解説をつとめている。

コラム