PRGR公式ショップ
LINE@友だち限定
PRGR製品プレゼント!

友だち追加

HOME » 2019年藤本麻子プロのドライバースイング動画(正面)&連続写真(後方)

恒例企画!ツアープロコーチ・内藤雄士氏が、アマチュアが真似るべきポイントを解説!! 2019年藤本麻子プロの
ドライバースイング動画(正面)&連続写真(後方)

内藤雄士が解説!アマチュアが真似すべきポイント!!

大きなパワーを生むために、トップからダウンスイングにかけてねじれを強くしよう!

真似をしていただきたいポイントは、ダウンスイングでクラブを引きつけているときに上体はまだ右を向いているところです。トップ(写真18番)でウエアにしわができますが、そのしわが切り返しからのダウンスイング(写真19番→20番→21番)でさらに深くなりますが、体のねじれがほどけないでさらにきつくなっている証拠。このトップからダウンスイングにかけてねじれを強くすることで、大きなパワーを生みだしています。
このねじれを作り出すのは、リラックスしたアドレス(写真1番)が重要になります。藤本プロのように骨盤から首の付け根までが真っ直ぐで、腕はリラックスして下に垂れ下がっているようなアドレスを心がけてください。

拡大する

次ページ 辻 梨恵プロ

スイング解説/内藤雄士

日本大学ゴルフ部在籍中にアメリカにゴルフ留学し、最新ゴルフ理論を学ぶ。帰国後、ゴルフ練習場ハイランドセンター(杉並区・高井戸)にラーニングゴルフクラブ(LGC)を設立し、レッスン活動を始める。
1998年、ツアープロコーチとしての活動を始め、日本に「ツアープロコーチ」と いう概念を持ち込んだパイオニア的存在。2001年には、マスターズ、全米オープン、全米プロのメジャー大会の舞台を日本人初のツアープロコーチという立場で経験する。現在は、ツアープロコーチとしての活動やジュニアゴルファーの育成に力を入れる傍ら、アマチュア向けのレッスン番組への出演、またUSPGAツアーの解説をつとめている。

コラム