PRGR公式ショップ
LINE@友だち限定
PRGR製品プレゼント!

友だち追加

HOME » ニュース » GOLFラウンドナビゲーション
 

GOLFラウンドナビゲーション

 

「楽しかった!」、「自分のゴルフも上手くなれそう!」との喜びの声が続出!
ゴルフ雑誌でお馴染みの青山薫プロがトーナメント観戦の面白さをギャラリーに生解説しました


青山薫プロ

晴天に恵まれた大会2日目。雑誌等でお馴染みの青山薫プロが、女子プロトーナメントの観戦ポイントを解説する「GOLFラウンドナビゲーション」が開催されました。参加者には青山プロの声がリアルタイムに聞くことができるイヤフォンが渡され、様々なポイントでトーナメント観戦をより楽しむ方法や自分のゴルフ上達に参考になるプロのスイングなどを丁寧に説明。参加者の皆さんは熱心に聞き入っていました。

朝のドライビングレンジで、上田桃子選手がアプローチの練習を行っているのを発見。すかさず解説を開始しました。「バックスイングの位置、フィニッシュの位置をよく見てくださいね。そして、最も大事なスイングのリズムも。皆さんも同じ練習をすれば必ず上達しますよ」と早速アドバイスしてくれました。

ティーグラウンドでは、ほとんどのプロが行っているショットの前のルーティーンを指摘。「ティーアップしたら必ず、ボールの後に立って目標方向を見るでしょ。必ずプロはこれから打つ弾道をイメージするんですよ。皆さんもティーショットは漠然と打つのではなく、プロの真似をして打てば、良いショットが出る確率は上がりますよ」。


必ずプロは打つ前にボールの後ろに立って弾道をイメージする


ボールの行方でなく、プロの体の動きを
フィニッシュまでチェック

ミドルホールの2打目地点。ほとんどのギャラリーが打った後すぐに、ボールの行方を追っていましたが、「ボールの行方を見ないで、インパクトの後のプロの体の動きを見てくださいね」と青山プロ。そして、アドレスからフィニッシュまでのプロの体の動きを解説。イヤフォンを耳につけた参加者のほとんどが「なるほど」とうなづき、スイングの動きを行う方まで出てきていました。


プロが行うパッティング前の動作について解説中

パッティンググリーンでは「パターで素振りをする意味を知っていますか?」と参加者に突然質問。誰も答えられないと、「距離のイメージを出すためなんですよ。皆さんもカップを見ながら距離感をイメージして素振りをしてくださいね」と解説。この後、グリーン上に現れたプロの打つ前の動作を、参加者のみなさんは熱心に見つめていました。


参加者の皆さまからの質問には、体を使って丁寧に説明

また、各ホールの狙いどころや攻め方などのコースマネジメント、出場しているプロのスイングの特徴なども解説。さらには、参加者の皆さんからの様々な質問にも回答してくれて、あっという間に1時間半の「GOLFラウンドナビゲーション」は終了しました。

ご夫婦で参加してくださった和田剛宣さん・典子さんに感想を聞くと、「本当に楽しくて、自分のゴルフ上達の参考にもなりました。高知在住で毎年本トーナメントを2人で観戦しているのですが、今まで知らなかったトーナメントの楽しみ方を学べました。ボールを追ってばかりではいけないというのは、目からウロコでしたね(笑)。今後のトーナメント観戦もさらに楽しくなりそうです。そして、自分たちのゴルフも上達にもつながりそうなので、後で早速練習に行きたいと思います!」


青山プロとご夫婦で参加してくださった和田剛宣さん・典子さん

本イベントは最終日の3月15日(日)も9時からと11時30分からの2回、各回15人の定員で開催予定。7時より受付を開始して早い方順となりますので、会場に足を運ぶ予定の方は是非参加をしていただければと思います。