PRGR公式ショップ
LINE@友だち限定
PRGR製品プレゼント!

友だち追加

HOME » ニュース » スペシャルインタビュー 藤本麻子選手
 

藤本麻子

チームプロギアの結束感が好き

昨シーズンを振り返って

これまで春先の試合で思うような成績が出なかったのですが、昨年は序盤戦からいくつかの試合で優勝争いができたのは良かったです。目標に掲げていた優勝こそできませんでしたが、上位争いをしている中でも緊張する事なく、落ち着いてプレーできましたし、何より楽しんでプレーできた1年でした。

今オフの過ごし方

1月中旬からアメリカのフロリダでトレーニングをします。2月初旬の米女子ツアーの予選会に出場する予定です。昨シーズンのヨコハマタイヤLPGAクラシックに出場させてもらった時にこれまでに感じた事がないくらい楽しくて、いつかはアメリカでシーズンを通してプレーしてみたいなって……。

今シーズン優勝するには

集中力にメリハリをつける事が今年の課題です。例えばパッティングで言えば、チャンスにつくといつもガンガン打ってしまって、返しのパッティングにも気を使う事が多かったんです。他にも微妙な距離のパーパットが続いたりすると、結果的に全てのホールでパッティングに集中しなければならなくなって、いざって時に集中しきれない事が多々あって……。その他のショットにおいても、1日18ホールの中で集中力のメリハリをつける事。3日間、または4日間競技というスパンでも、最終日の勝負どころで最も集中して戦えるように組み立てられれば、優勝争いをした時に勝てるのではないかと感じています。

昨年のシーズン開幕戦では5位タイに入られましたね

昨年は3日間、ものすごく楽しくラウンドができました。初日が終わって51位タイだったんですけど、成績の割には何か楽しくて、試合ってやっぱり楽しいと改めて感じていました。残りの2日はスコアも良くなっただけでなく、さらにゴルフって楽しいなという思いが強くなりました。今年もスコアとかプレー内容とかは別で、ゴルフを楽しみながらラウンドしたいと思います。

ヨコハマタイヤPRGRレディスは相性が良い!?

第6回、7回大会で初日に首位発進しましたが、コースとしては決して得意としているわけではないんです(笑) コースの起伏により距離感を出すのが難しいですし、海風を読むのも苦労しています。ツアー2戦目で試合勘もまだまだですから、実際は色々な事をアジャストさせる事だけで精一杯な感じです。ただ土佐CCのグリーンはタッチが合うっていうか相性が良いみたいです。この相性の良さが続いているうちにホステスプロとして優勝できれば一番良いのですが、こればっかりは……ね(笑)

今年のヨコハマタイヤPRGRレディスでの目標は?

昨年の大会でも“チームプロギア”の一員として大会を盛り上げたいって思いながらプレーしていました。この大会は独特な雰囲気があって、“結束感”っていうのでしょうか、原プロ、辻プロ、私のプロギア契約の女子プロは勿論、横浜ゴムやサポートスタッフの皆さん全員が一体感を持って優勝を目指している雰囲気が好きなんです。プレーするのは個人ですが、チームで優勝を勝ち取るのが今大会での目標です。

藤本麻子(所属/フリー)

2011年の伊藤園レディスゴルフトーナメントで初日に出遅れたものの、2日目を65、最終日66の好スコアでプレーし、ツアー初優勝。昨年も複数の試合で優勝争いを展開。ツアー2勝目を目指して今シーズンに臨む。