PRGR公式ショップ
LINE@友だち限定
PRGR製品プレゼント!

友だち追加

HOME » ニュース » 2016年3月11日(金)初日
 

キム・ハヌルが7アンダーで単独トップ!
イ・ボミと鈴木愛が3アンダーで2位タイにつける!

2016年3月11日(金)初日

第9回ヨコハマタイヤゴルフトーナメントPRGRレディスカップが開幕。日本ツアーで昨年初優勝を挙げたキム・ハヌルが7アンダーで単独トップに立った。

多くの選手が苦戦した初日、1人だけ独走した選手がいた。8バーディ、1ボギーと見事なゴルフを展開したキム・ハヌル(韓国)だ。「オフシーズンの練習の成果で、風に負けないボールが打てるようになった」と好調なプレーを展開している要因を自己分析したキム。砲台グリーンで風があるので距離感が難しいと多くの選手が語る土佐カントリークラブを攻略した。

キム・ハヌル風に負けない球が打てるようになったのが好調の要因と語ったキム・ハヌル

イ・ボミ2位タイにつけた
昨シーズンの賞金女王イ・ボミ

2位タイには昨年の賞金女王が名乗りをあげた。「朝から疲れた感じが抜けなくて」と調子が万全ではなかったと語ったイ・ボミ(韓国)。「今日は60%くらいの調子」という状況で2位タイにつけているのはさすが。4年前に日本ツアー初優勝を飾った「特別な大会」で、今シーズンの初優勝を狙う。

鈴木愛 オフのトレーニングで体重を3キロ落とす一方で
筋力アップを図った鈴木愛

3アンダーでイ・ボミに並び2位タイにつけたのが鈴木愛だ。「昨年の最終戦の翌々日から開始した」というトレーニングの成果で、体重を3キロ落とす一方で筋力アップを図った。その成果か「先週の開幕戦からショットもパットも悪くない」。昨年、優勝した李知姫に3ホールに渡るプレーオフで敗れ涙を流した鈴木。リベンジ優勝を狙うに当たって、絶好の位置につけた。

原江里菜「明日は60台を狙う」と力強く語った原江里菜

4人のホステスプロでは、最年長の原江里菜が途中まで首位争いを展開した。スタートホールでボギーを叩いたが、3番、4番、13番、14番でバーディを奪い3アンダーまで伸ばした。原にとって残念だったのが15番パー5。ティーショットをバンカーに入れると、「アゴに当たっても良いと思って打った」という勝負の2打目が裏目に出て結局このホールをダブルボギーに。最終の18番もボギーとしイーブンパーの21位タイで初日を終えた。「調子は悪くないので明日はしっかりと60台を出して優勝争いをしたい」と心強い言葉を残して練習場に向かった。

森田理香子初日は「パットが入らなかった」と語った森田理香子

ホステスプロとしては初めての参戦になる森田理香子も3オーバーの54位タイと出遅れた。「パットが入らなかった」とスコアを伸ばせなかった要因を分析。「全体的に良い感触」と手応えを感じており明日以降に巻き返しを図る。ホステスプロの辻梨恵は森田と同じく3オーバーの54位タイ、藤本麻子は4オーバーの71位タイで初日を終えた。