PRGR公式ショップ
LINE@友だち限定
PRGR製品プレゼント!

友だち追加

HOME » ニュース » スペシャルインタビュー 原 江里菜選手
 

スペシャルインタビュー原 江里菜

スペシャルインタビュー原 江里菜

東京オリンピックに
出場したい!

[ 所属/NEC ]2008年のNEC軽井沢72ゴルフトーナメントで当時の国内ツアー日本人最少ストロークでツアー初優勝。一昨年には初日から首位に立っての完全優勝でツアー2勝目を挙げている。

原プロにとっての2016年は

目標にしていた優勝が出来ず、その大きな原因は、試合のスケジュールをうまくマネージメントできなかった年でした。全米女子オープンに挑戦できたのは良い経験でしたが、その後バテてしまって、後半戦で思うようなゴルフができませんでした。でも、フィジカルやメンタルをもっと高いレベルでコントロールしていく必要性を学べたという点ではいい勉強になっていますので、そこが今後の課題です。

オフシーズンは

1月3日からトレーニングを始めて、宮古島、オーストラリア合宿で調整してきました。

「30歳まではゴルフに集中したい」と言っていたが

2020年のオリンピックに出てみたい欲が出てきましたし、私がやりたい事は30歳までの期間で収まりそうにないなって…(笑)そんな風に感じた1年でした。もっと長いスパンで計画を立てて、少なくてもオリンピックまでは貪欲に頑張っていこうと思っています。

オリンピックへ出場するために必要な事

昨年のパーオン率は、ここ数年でも悪い数字でしたし、これまで出来ていた事をしっかりとやれるようにする事。その為には、目の前にある1打にもっと集中できる技術を身に付ける事が必要だと感じています。ショットに臨む前に情報を整理し、やるべきスイングをしっかりとする。これが自然とやれる時と雑になってしまう時があるんです。昨年の後半戦は特にこれが顕著でした。フィジカルな部分とも連動するので、そこをもっと高いレベルで追求していきたいですね。

今年のヨコハマタイヤPRGRレディスは10周年記念大会だが

ここ数年2日目を終了した時点で優勝争いができていますし、特に入れ込み過ぎる事をせずに、これまで通りに臨んでいければ良いのかなと思っています。ただ、開幕2戦目ということもあり、試合の流れを掴むという部分では、鈍っている部分があると思いますので、オフシーズンの練習の時からシーズン序盤で優勝争いをした時を想定しながらの練習が必要だなって感じています。

ホステスプロとして出場する試合について

特別な意識はしていません。逆にホステスプロとしての試合だからといっていつもと違う事をすると空回りしたりするので、“いつも通り”を意識しています。でも、あくまで目標は優勝です!(笑)

今シーズンの目標

昨シーズン優勝できなかったので、大きな事を言うのもなんですが、昨年の分を取り戻すくらいの気持ちで複数回優勝を目指します。技術的には決して無理な目標ではないと思っていますので、そこにはこだわって戦っていきたいですね。皆様、応援宜しくお願い致します!