HOME » ニュース » 朝一で定員に達してしまう大人気企画!
 

朝一で定員に達してしまう大人気企画!

「GOLFラウンドナビゲーション」を今年も実施!!様々なイベントを親子で楽しむ姿も目立ちます

参加者とともに観戦しながら解説する青山薫プロ参加者とともに観戦しながら解説する青山薫プロ

大会2日目の11日は土曜日ということもあり、早朝より昨日以上に多くのギャラリーが入場。会場では午前中から様々なイベントが開催されました。
例年実施されていて朝早くに定員に達してしまうという人気企画があります。ゴルフ雑誌などでおなじみの青山薫プロの解説を聞きながらトーナメント観戦ができるという「GOLFラウンドナビゲーション(無料)」です。参加者にはイヤフォンが渡され、選手のプレーを見ながら青山プロの解説をリアルタイムで聞くことができます。

9時からの回では1番ホールのグリーンから2番ホールまでイ・ボミ選手の組を観戦するなど、参加者が観戦したい人気プロにできる限り同行。選手はどんなことに注意しながらラウンドしているか、選手が見せるしぐさや表情の意味など、青山プロならではの解説を実施。また、参加者の皆さんはゴルファーですので、上達に役立つレッスン的な話も数多くありました。

途中では参加者のゴルフ上達に役立つレッスンも実施途中では参加者のゴルフ上達に役立つレッスンも実施

参加者の質問にも丁寧に答えていた青山薫プロ参加者の質問にも丁寧に答えていた青山薫プロ

長年ゴルフの世界にいる青山プロならでは貴重な話に、参加者は真剣な表情で聞き入っていました。さらに、テレビだったら「ピー!」と鳴ってしまうような、この原稿では書けない業界裏話が飛び出すことも。笑いも交えたトークに参加者の皆さんは大満足でした。
途中、参加者の皆さんからの質問を受付。「打ち上げのホールではどのくらい番手を上げるのか」という問いには、「打ち上げは旗(ピンフラッグ)が近く見えるので、多くの方がショートしてしまう。そのことを念頭に置いて、大きめの番手で打つことが大事。さらに迷うとインパクトがゆるみミスを誘発するので、決めたら打つことだけに集中しよう」とアドバイスされていました。

終了後、参加者の一人に感想を聞くと「青山プロがおっしゃる、アマチュアの悪い例がまさに私で(笑)、大変役に立ちました。明日は自分のラウンドなんですが、今夜は早速練習場に行き今日習ったことを練習したいと思います。明日は良いスコアがでるかも!」と喜んだ様子。また上級者の方は、「ショットでもパッティングでも、アドレスに入ったらピンやカップは見ないという、プロの目線の話が参考になりました。また、何故ミスショットが出たのかの話なども興味深かったです。スイングが良くても、打ち急いだりするとミスになってしまうんですね」と納得の様子でした。

土曜日ということもありギャラリープラザでは、ご家族で休日を楽しまれている方々が目立ちました。スナッグゴルフ体験会、砂遊び広場など、お子様でも楽しめるイベントやエリアが会場内にあります。

大人も子供も楽しそうなスナッグゴルフ体験会大人も子供も楽しそうなスナッグゴルフ体験会

小さなお子様には砂遊び広場がオススメ小さなお子様には砂遊び広場がオススメ

「GOLFラウンドナビゲーション」、「スナッグゴルフ体験会」、「砂遊び広場」などは明日最終日も開催します。その他、様々なイベントを実施中ですので、詳しくはギャラリーサービスページをご覧ください。

また、選手が任意で行っていることですが、タイミングが合えば選手のサインがもらえることも。お近くの方は是非会場に足をお運びください。

ラウンド終了後、ギャラリーからのサインに応じる辻梨恵選手