HOME » ニュース » アプローチコンテス、ドライビングディスタンス賞、PRGRジュニアレッスンなども実施
 

2017年3月11日(土)2日目

青木瀬令奈がスコアを落とすも6アンダーで単独首位をキープ!1打差の2位タイには大山志保など3人が並ぶ

単独首位の座をキープした青木瀬令奈単独首位の座をキープした青木瀬令奈

第10回ヨコハマタイヤゴルフトーナメントPRGRレディスカップ2日目。この日も強い北風が選手たちを苦しめた。
2位に3打差をつけてスタートした青木瀬令奈は、序盤からボギーが先行する厳しい展開。一時はトップの座を明け渡したが、後半に踏ん張り単独首位の座に踏みとどまった。「右ヒザを怪我している影響で、昨日よりも体の動きが悪かった」と青木。フロントナインでは2つスコアを落としてしまう。「後半は気持ちの切り替えができたので、昨日と同じようなゴルフができた」とバックナインは2バーディ、1ボギーと1つスコアを伸ばし終わってみれば単独首位をキープ。「追う方が楽」と明日は厳しい展開を予想しているというが、「1日良いゴルフをしたい」とプレーに集中することで悲願の初優勝を狙う。

トップと1打差の5アンダー・2位タイには大山志保など3人、4アンダー・5位タイには2人、3アンダー・7位タイには3人が並ぶ混戦模様。5年連続プレーオフと毎年接戦が繰り広げられている本大会。明日最終日も1打を争う接戦になることは必至だ。

「調子は良い」という森田理香子「調子は良い」という森田理香子

TEAM PRGRの中では森田理香子が、初日の65位タイからイーブンパーの24位タイまで順位を上げてきた。内容的にはまだまだ伸ばせそうだったが、「もったいないと言われたらその通りなのですが、明日もプレーできる喜びがある」と前向き。一方で「明日はもっと上にいかなくてはいけない。ゴルフがはまればまだ勝てるかもしれない。とはいえ、欲は出さずに明日もやっていく」と静かな闘志を燃やす。

24位タイで決勝ラウンドに進んだ藤本麻子

TEAM PRGRの藤本麻子は序盤の3ホールで3つスコアを落とすも、その後踏みとどまり森田と同じ24位タイで決勝ラウンドに進出。原江里菜と辻梨恵は残念ながら予選落となった。

アマチュアで唯一の予選通過を果たした河本結アマチュアで唯一の予選通過を果たした河本結

アマチュアチャレンジ2017に優勝し本戦の出場権を獲得した松山聖陵高等学校3年生の河本結が大健闘している。2日目は2つスコアを伸ばし2アンダー・10位タイ。アマチュアで唯一の予選通過を果たした。「1打足りずに予選落した」昨年のリベンジを果たした河本は、明日最終日もプロを相手に“アマチュアチャレンジ”を続ける。