HOME » ニュース » スペシャルインタビュー 原 江里菜選手
 

スペシャルインタビュー原 江里菜

前半戦の出場できる試合で
来年のシードを決めたい

昨年を振り返って

全く悲観的にとらえていなくて、スイングをこれまで以上に良くしていくために、シーズン前から目標にしていた事に取り組む事ができたのは大きかったですね。ただ、シーズン中に「調子は悪くない」と感じていても、トライしている事とは別に、ここ数年は出来ていた事がいつの間にか出来なくなっていた事もありました。シーズン中とオフでは、その感覚にズレがあったように思います。例えば、インパクト前に体が開きやすくなっていて、良い時は体の正面で球をとらえる事ができていたのに、それができなくなっていた事や、他にも細かい事はありますが、オフシーズンにしっかりと修正して今シーズンに入っていきたいですね。

オフシーズンは?

今年は1月3日から始動しました。(昨シーズンの)試合が終わってもイベントがあったりして動き回っている事が多いので、年が明けてトレーニングのために東京を離れた方が逆にリラックスできるというか…(笑)ですから"トレーニング=東京を離れる"というのが、私としては休みのようなものなんです(笑)

今シーズンの目標

一番の目標は“シード復帰”です。でも、クォリファイングトーナメントで50位だと、推薦やウェイティングでツアーへ出る事になると思うので、前半戦のうち10 ~12試合に出場するイメージを持って、それに合わせた練習をしていきながら、前半戦でシードを決められるように目標を設定して頑張りたいですね。

※クォリファイングトーナメントとは、翌年度の LPGA ツアー及び LPGA ステップ・アップ・ツアーへの出場ライセンスを取得するためのトーナメント

Profile

[ 所属/ NEC ]2008年の NEC 軽井沢 72ゴルフトーナメントで当時の国内ツアー日本人最少ストロークでツアー初優勝。15年には初日から首位に立っての完全優勝でツアー2勝目を挙げている。