PRGR公式ショップ
LINE@友だち限定
PRGR製品プレゼント!

友だち追加

HOME » ニュース » 恒例の人気企画は朝8時30分に満員御礼!最終日も様々なイベントを実施
 

恒例の人気企画は朝8時30分に満員御礼!
最終日も様々なイベントを実施

GOLFラウンドナビゲーション

毎年、受付開始後すぐに締め切りとなる人気のイベントが「GOLFラウンドナビゲーション」。雑誌などでおなじみの青山薫プロの解説をイヤフォンで聞きながら、選手のプレーを生で観戦できます。
最終日も定員15人・90分を2回実施。朝の8時30に満員となりました。2回目は11時30分からスタート。白熱した優勝争いを行っている組の10番ホールから観戦を開始しました。
例えば「ロングホールは2打目の打つ距離(番手)を選べるコース。このメリットを生かしてチャンスをつくるもの」など、青山プロならではの興味深い解説に、イヤフォンをつけて聞いている参加者は頷きまくり。90分はあっという間に過ぎていきました。

解説する青山薫プロ

選手から離れたところで話す青山プロ。
イヤフォンをつけている参加者は選手の近くで観戦

エスコートキッズ

TEAM PRGRの藤本麻子選手もエスコートされて1番ティーに入場!

本大会最終日恒例のエスコートギッズが今年も最終の5組で開催されました。エスコートキッズとは出場選手と手をつないでスタートホールに入場する子供たちのこと。選手が子供たちにフェアプレーを誓う意味などがあるとされています。プロをエスコートしてくれたのは、地元の夜須小学校の子供たち。固い表情でしたが、エスコート後にプロからサインをもらうと、みんな笑顔になっていました。「緊張したけど、サインをもらえたので嬉しかった」など、大きな仕事を終えた小学生はホッとした様子でした。

イーグル賞(15番)とホールインワン賞(17番)

最終日のみ15番ホールでイーグル賞(100万円)、17番ホールでホールインワン賞(500万円)を実施。残念ながら該当者は出ませんでした。

イーグル賞がかかった15番ホールで
ティーショットを放つTEAM PRGRの原江里菜選手(右)

ホールインワン賞がかかった17番で
ティーショットを放つTEAM PRGRの辻梨恵選手(右)