RS

PRGRブランドサイト

ギリギリ、全開。

RSは、常に、ギリギリ。
反発性能を限界まで追い求め、飛距離の壁をまたひとつ越えていく。
新RSは、Wデザイン設計で、高初速エリアを飛躍的に進化させた。

もっと強い、ギリギリへ。
もっと飛ぶ、ギリギリへ。

新RS誕生。

高初速のレベルが、違う。

新RSドライバー イメージ図

新RSは、新Wクラウン設計+Wモーメント設計のWデザインで、
ギリギリをさらに、強く、広くした。
新Wクラウン※1は、リブを配置するなど、さらに進化。
新ナブラフェース※2と合わせて、これまでにないギリギリ※3を実現した。

新Wクラウン設計※1

新Wクラウン リブを配置

RS2017のWクラウンを改良するとともに、新たに変形を最適化させるリブを配置。
進化した新Wクラウン設計が、新RSの高初速エリアの拡大を実現した。

新ナブラフェース※2

新Wクラウン

新RSのナブラフェースは、RS2017に較べ、中央肉厚部の面積を縮小、周辺部の薄肉化を実現。
ナブラフェースの進化は、高CTエリアの拡大を進めた。

ギリギリの反発性能※3

PRGRは新RS ドライバーのフェースの反発性能をルール上限
「ギリギリ」に設定して、製品開発を進めた。
ギリギリの反発性能を持ったドライバーは、確実に弾きがよく、
飛距離を伸ばすことができる。

新Wクラウン
ギリギリ測定器
高初速を高いレベルに保つ、ギリギリ測定器。
PRGRは、常にルールギリギリを保つために、反発性能がギリギリかどうか、フェースの数値をチェックする測定器を開発し、量産でも全品検査している。

高初速の広さが、違う。

Wモーメント設計 イメージ図1

さらに、約20,000打の試打データを解析、スイングタイプに合わせて、Wモーメント設計※4を導入。
ギリギリのエリアを拡大させ、「打点がズレても高初速」が得られる、ドライバーに仕上がった。
新RS ドライバーの新高初速エリアは、約160%※5まで広がった。

Wモーメント設計※4

ゴルファーのスイングタイプ、打点の傾向に合わせ、フェースバックとトゥヒール、
2つの慣性モーメントを最適化させる設計。

Wモーメント設計 イメージ図2

アベレージゴルファーは、打点が左右にバラつく傾向。
反対にスキルの高いゴルファーは、打点が上下にズレる傾向にある。

フェース慣性モーメント(上下) トゥヒール慣性モーメント(左右)

RSは、左右のズレに対応するため、慣性モーメントをトゥヒールに大きく設計。
またRS Fは、上下のバラつきに負けないよう、フェースバックを大きく設計した。
打点がズレても、芯が広い。芯ヒットに近い飛びを実現するヘッドが生まれた。

約160%まで広がった新高初速エリア※5

[新高初速エリアとは]
慣性モーメントを考慮し、COR 0.81以上の反発性能が得られるエリア。

一般ドライバー平均値 イメージ図 新RSドライバー平均値 イメージ図

一般 ドライバーと較べても、高初速のレベルの違いは歴然である。
新RS ドライバーは、このレベルの高いエリアをWモーメント設計でさらに拡大。
実に、約160%まで高初速エリアを拡大した。
公的機関のレーダードップラー計を用いた測定値を基準とした計算値。 自社調べ(2018年5月)

DiamanaTM for PRGR
三菱ケミカル Diamanaと初めてのコラボが実現。新RS 専用シャフトが、ギリギリ性能をさらに伸ばす。
Diamana FOR PRGR シャフト

※DiamanaTMは三菱ケミカル株式会社の商品商標です。

ギリギリでなければ、
高初速とは呼ばない。

rs イメージ図 rs-f イメージ図

フェアウェイウッド、ユーティリティ、アイアンは飛び易しさを実現する
Wデザイン設計

アマチュアゴルファーの実打点での反発性能をさらに高めた。

重心点!

rs-fw rs-ut rs-iron rs-forged-iron rs-wedge

rs ラインナップ

  • RS DRIVER
  • RS F DRIVER
  • RS FAIRWAY WOOD
  • RS UTILITY
  • RS IRON
  • RS FORGED IRON
  • RS WEDGE
  • RS SPIN BALL

PRGRブランドサイト