お知らせ

PRGR クラブ長さの設計・表示について

<PRGR クラブ長さの設計・表示について>

一般社団法人日本ゴルフ用品協会(JGGA)は消費者がゴルフクラブを購入する際に、その機能や特徴がわかりやすく、各商品の比較・選択が容易に正しくできることを目的とし、2015年9月16日にJGGAが発行する 「ゴルフクラブの スペック測定に関するガイドライン」 を改訂しました。
※詳細はJGGAホームページをご覧ください ≫

 

弊社は本ガイドラインの主旨を理解したうえでゴルフクラブの「クラブ長さ測定基準」に関するガイドラインを下記の通り対応いたします。

 

「クラブ長さ測定基準」に関するガイドラインに基づき、2017年1月1日以降に発売する弊社ゴルフクラブは上記JGGAガイドラインに定める測定方法(JGGA測定法)により得られた数値を 「クラブ長さ」 として設計し、製品に付属するラベル、ならびに製品ご案内のカタログ/サイトへその数値を表記いたします。※1
2016年12月以前に発売された弊社ゴルフクラブ※2につきましては、ヒールエンド法に基づくPRGRオリジナル測定法によるクラブ長さでの設計、および表記(製品付属ラベル・カタログなどを含む)となりますので予めご理解のうえお買い求めくださいますようお願い申し上げます。

 

※1. JGGA測定法による計測値 (2017年1月以降の発売モデル)
・SWEEPシリーズ・RS/RS-Fドライバー(2017)
・金egg、赤eggシリーズ(2017)

※2. ヒールエンド法に基づくPRGRオリジナル測定法による計測値 (2016年12月31日以前の発売モデル)
・RSシリーズ ・REDシリーズ ・金egg、赤eggシリーズ ・R35,45,55ウェッジシリーズ

※ウッド、アイアン、パター全て共通の測定方法
※ロフト角測定基準に関しましては従来通り、弊社オリジナル測定法での設計、および表示となります。
  その他項目に関しましてはガイドラインに準拠した設計となります。

■JGGA測定法によるクラブ長さの計測値は従来のPRGR測定法による計測値に比べ、ウッドで10㎜程度、アイアンでは約7㎜程度短くなります。数値はヘッド形状・ソール形状の違いによりシリーズや番手によって異なります。
(パターの測定方法に関しては従来より同様の測定法のため変更はございません。)

お問い合わせ窓口

詳しくは、お客様センターへお問い合せください。

0120-81-5600

※当ページ内の情報は2017.08.08執筆時点のものです。

関連情報